完全FPS視点映画ハードコアを見て来た(序盤バレあり)


映画館でこれのPVを数年前に見ていつ放映したんだと思っていたら、4/1に公開してばかりという事でさっそく見て来た。

最初の1分くらいの謎のシーンからFPS視点が始まりそれが最後までずっと続く

主人公は死んだ兵士を半機械化して生き返らせた超人でとある理由で喋る事は出来ない

FPS視点で主人公は一切喋らないので映画なのにゲームをしているような感覚を味わえる

ただ視点のせいで相当酔いやすくなっているが自分は走って画面が揺れるシーン以外はまったく問題なかった

雲の上から脱出ポッドで地面に叩きつけられるまでをノーカットとか、走行中の車の下に潜り込むとか、高層ビルから飛び降りたり凄い迫力の映像が続く。グロ表現は多め

FPS視点で女博士のスカートをローアングルで映したりストリップの女達が主人公に色々したりとエロ要素もあり

主人公が喋らない為感情移入出来るがその分ストーリーは薄くなる、案内役みたいなおもしろキャラがひたすらどこかに連れて行くみたいなストーリー

狙ってやったのか知らんがゲームのパロディネタも結構仕込まれていてその点もゲーマーなら楽しめるだろう

ちょっと最後がぶつ切り感があったが映像はここ最近の映画ではダントツなので、PVを見て気になった人はぜひ見に行こう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『完全FPS視点映画ハードコアを見て来た(序盤バレあり)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/04/05(水) 23:59:50 ID:f5b4df915 返信

    画面揺れで酔いそうにはなるよね
    だから、途中途中に会話シーンを入れてたんだろうけど

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/04/06(木) 00:14:19 ID:eabeb8319 返信

    これ面白そう(´・ω・`)

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/04/06(木) 08:11:17 ID:32121f7af 返信

    ネイビーシールズって映画でも、FPS視点は多用してたけど
    ゲームやってない人から見ると、どう感じるのかと思いながら見てましたね
    全編FPS視点は結構挑戦的だなと思います